Poword by MISAWA

ミサワホーム四国  松山がお届けする愛媛の家づくり情報サイト
“Misawa Ship”

私たちとおうちづくりのステップを一緒に歩みましょう

Powerd by MISAWA

MENU

Columnコラム

2019.09.26

ペットと暮らす家~人もペットも楽しい住まい~

現代の日本人にとって、ペットは家族の一員と呼ぶべき存在です。

ペットとの暮らしは、家族の心を豊かにし、時には心の支えにもなってくれます。

住まいを作るなら大切なペットのことを考えて計画していきませんか?

今回はペットのことを考えた住まいづくりについてお伝えいたします。

 

ペット大国の日本

犬・猫の飼育数がアメリカに次いで世界第2位の日本。

犬と猫、それぞれの計画の仕方を考えていきましょう。

 

[Dog編]

犬の習性を踏まえた居場所のポイント

●犬は飼い主への依存が高い為、家族が一番集まる場所が最適

●低めの天井で薄暗い場所

●直射日光・冷暖房の風が直接当たらない位置

●外の様子が伝わりにくい位置

●滑りにくい床や体温調整ができる床材に

●人の出入りが激しいところやチャイムの音源近くは避ける

犬も人間と同じでかなりデリケートな生き物ですので、通行人や自動車、宅配業者の騒音、振動でかなり

ストレスを感じます。落着きをなくす原因になります。。。

1階に設ける「蔵」

リビング横につながった蔵は犬グッズもたくさんしまえるので、リビングがいつもすっきり美しく保つことが出来ます。

玄関横に繋げればリードをはじめとしたペットの散歩に必要なモノも、使いたいときにさっと出し入れができます。

さらに蔵は万が一の災害のために備蓄をしておくことが望ましいです。ペットの備蓄もお忘れなく!

蔵は通気のことも考えられております。動物疾患の1位はアトピーなどの皮膚疾患です。

理由は空気中に含まれるアレルゲンが滞留しているからです。風通しの良い設計で空気も綺麗にしておきましょう。

ミサワホームは「熱交換型24時間フロアセントラル換気」が付いておりますのでさらに安心です^^

  

 

[Cat編]

猫の習性を踏まえた居場所のポイント

●高い所・暗く狭い所を好む

●爪とぎ場は各階に設ける

●トイレとごはんの場所は別にする

●気分・季節で異なる場所に移動できるよう複数箇所に居場所を

●猫のトイレは落ち着いた静かな場所に

高い所は猫にとって楽しい場所であると同時に安心感を得られる場所でもあります。

スキップフロアなどの立体的空間は、猫にとって好ましい場所と言えます。

キャットタワーや壁に取り付けるカウンター状の棚や家具の上などはキャットウォークになります。

一点気をつけたいのが転落の危険性です。ですので、人の手の届く高さに留めておくことがポイントです。

においなども考えて脱臭・防カビ効果のある壁紙、クロス、消臭カーテンなどの活用で室内環境を快適にしましょう。

   

 

においの問題や掃除の問題は後からでも考えたら対策は取れますが、収納面積の確保や玄関設計、

通気のデザインはいったん建ててしまえば後から大きく変更するのは困難になります。

計画段階から、しっかりと検討しましょう。

 

計画において、さまざまなポイントがありますが、一番大切なのは、

家族がリラックスして過ごせる住まいにすることです。

共に暮らす飼い主が心地良く暮らせる住まいは、犬や猫にとっても

幸せなすまいになります^^

 

今後のご参考にして下さいね。

 

ありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

Page TAG

News動画NEW

松山市北久米に、災害に強い分譲地誕生

Instagramインスタグラム

物件情報・イベント情報などをおしらせしていきます!
お気軽に、フォロー・いいねよろしくお願いします。

Newsおすすめ物件情報

Contact

MISAWAミサワホーム四国 松山営業所

お問合せ

〒790-0941 愛媛県松山市和泉南1-8-24

  • 営業時間  9:30~18:30
  • 定休日   毎週火・水曜日、他
Social Follow us!
  • YouTube
  • Instagram
ページの先頭へ戻る